955: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/10/11(月) 18:03:40 ID:c8TkKkWA
ビックリさせることがあると呼び出され、
彼の家(実家、二階建て)に行ったら
彼が二回ベランダから手を振って出迎えてくれた…

と思ったらいきなり飛び降りた。



柱と体にロープを結んで、飛び降りると思いきやロープでぶらーん! 
という計画だったらしい。

何度か人形を使ってテストもしたそうだ。 
しかし人間の重さを考えていなかったのか、彼は1階の壁に思い切り叩きつけられ鼻血を垂らしながらぶら下がってくるくる回転。 

涙声で「見てないで助けるとかできないのかよ!」と叫ばれた。 

手は届かないし玄関は鍵がかかってるし困っていたら彼の弟が帰ってきてサクサク助け「馬鹿な兄ですみません」と神妙に謝ってくれてカルピスも出してくれた。 

その間、彼は実験どおりにいかなかった理由についてクドクド喋るだけ。 
彼が馬鹿なだけだったら冷めなかったけど、弟のデキのよさと比較して冷めてしまった。



957: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/10/11(月) 18:10:38 ID:9EefAMpA
>カルピスも出してくれた。 

ここのところが味わい深いw 
とにかく命を落とさないでよかった。






百年の恋も冷めた瞬間!104年目
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1285340644/