304: たう 2006/10/03(火) 10:29:12
X1の女性と付き合っています。
そろそろ3年を越えました。
彼女には二人子供がいます。

彼女と付き合った時には結婚は意識していませんでした。
最初は子供とは会わずにお付き合いをしていました。



彼女の話の中にいる子供たちの様子を聞きながら、
ある日会ってみたいと思い、彼女にそう告げました。 

「だめだよ・・・」 
彼女は言いました。
子供のことに触れられたら、現実に戻らないといけないと。
そう思っていたようです。 

少しして「別れましょう。私がいたら、あなたは幸せな人生を逃してしまう。私なんかよりもっと素敵なあなたにあう人がいるよ」といいました。 

「自分が付き合いたいのは、どこかにいる素敵な女性ではなく、今目の前にいて、自分を深く愛してくれる○○(彼女)なんだよ。子供と会って、僕が子供たちと相性が悪く、どう考えても良い状態でなかったのなら、その理由なら別れてもいい。でも、まだスタート地点にも立っていない。僕は君の子供たちと会いたい」 僕は、そういいました。 

「でも、子供たちは前のだんなとの子で・・・」 
「君の子供だよ」 
「でも、結構、大きくなっているし・・・」 
「ゆっくり生活を重ね合わせればいいじゃない」 
「でも・・・」 
「大丈夫^^一人より、二人のほうがきっと楽しい。それが4人ならもっと楽しいじゃない^^」 

・・・こうして、子供たちと徐々に会うようになりました。



305: たう 2006/10/03(火) 10:31:26
あれからほぼ2年。
未だ、僕の経済力が足らず、通い婚のようになっています。
ですが、昨夜、仕事に疲れ、僕は先に寝てしまいました。 

ふと目が覚めると同じ真っ暗な部屋の中で
寝付けないらしい彼女と子供が会話していました。 

「○○(子供)は○○(僕)のこと好き?」 
「うん。好き。一緒にいてくれるとうれしいよ。あのね、今度ね、またバーベキュー行きたいんだ。 それとね、一緒にみんなでドライブにも行くの。みんなでまたしりとりしようよ」 
「うん。あのね、○○(子供)は妹か弟ほしい?」 
「うん!そうしたら、妹(こっちがほしいらしいw)で○○ちゃん(僕)と血が繋がるねっ。そうしたらパパって言っていいのかな?」 
「(彼女(○○(子供の母))は涙声になりつつ)うん。うん。そうだね」 
「○○ちゃん(僕)と一緒にいるとあったかいね」 
「みんなで乗れる大きな車(最近話しているノアのことらしい)を買って、みんなでいろいろと旅行しようね。あのね、そしたらね、肩車してもらうんだ」 

・・・ほのぼのした、そして暖かい、僕の居場所なんだと思わせる会話でした。
寝た振りしながらも、がんばっていこう。幸せにしてあげたい。そう思いました。 

少しずつ、年輪が増えるように、彼女と子供たちと接してきました。 
お父さんという存在ではないと最初からそういいました。
僕は僕で、でも、君たちの保護者になりたいし、一緒に住みたい。 

パパと呼んでくれるならそれもうれしい。
君たちにはお父さんは確かに別にいるけど、僕は僕で君たちを大事にしたい。
君たちの支えになりたい。
ママのことを心から好きだよ。
だから、一緒に少しずつ近づいていこうよ。 
そう折に触れて語りかけて今に至ります。 



306: たう 2006/10/03(火) 10:33:00
とても大事な家族です。 

前の旦那さんの浮気から離婚した彼女。
彼女のご両親も、彼女も、その記憶が消えず、とても結婚などに関して警戒していますが、2年かけて少しずつ距離を縮めてきました。 
心もほぐれ、子供たちとも順調で。 

後はこちらの家族というか、母を説得するだけとなり、2年前から少しずつ、情報を小出しにし、そ 
して先日、はっきりと結婚したい女性と常々言っている彼女は、実はx1で子供が二人いるんだ。 
といいました。 

びっくりしていました。
そして、でも、受け入れてくれるんだと思っていました。
ずっと一緒に住んでいた母だから、わかってくれると。 

そのことはほんの数日前なのですが、母は受け入れようともし、でも、受けきれず、衝撃を受けています。「がっかりした」「近所に顔向けができない」ともいいました。 

彼女と子供たちのことを思うとその暴言は許せない気持ちでしたが、それでも母には理解してほしいと今も話し合いを重ねています。 

彼女がこのことを知ったら、たぶん、「私、別れる・・・」と言うでしょう。 
常々、僕の母の気持ちを気にしていた彼女ですから。 

だから、母と納得いくまで話し合って、何らかの結論がでるまで、僕は言わないつもりです。 
そして、理解に達しなかったら、母と距離を開けようと思っています。
親は大事にするべきですが、僕が見つけた、僕の居場所を失いたくはない。

僕には2人、兄がいます。
それぞれの兄には子供もいます。
孫の顔を見せるという孝行は兄たちがしてくれるでしょう。 



307: たう 2006/10/03(火) 10:33:43
ここには離婚や母子、父子家庭を経験していらっしゃる方が多いと思います。
また、さまざまなご経験をしている方も多いと思います。 
似たような状況になったことのある方はいらっしゃいますか?
僕の行動には何か間違いがありますか? 

彼女も子供たちも何も悪くない。
僕は彼女も子供も深く愛している。
子供たちにとって血の通った父でなくても、しっかり愛していける。そう思うのです。 
でも、実の母にさまざまに暴言を言われると、ふと悲しくもなる。 

つれづれと長い文章を書いてしまいました。
誰かに少しだけ話を聞いて欲しかったのです。 
ありがとうございました。



308: 離婚さんいらっしゃい 2006/10/03(火) 11:08:48
感動した。俺も見習おう。あなたは何も間違ってないよ、すごく冷静で自分自身の事もよく理解してるし、幸せになれる。っていうかそういう考え方できてるからもう幸せやんね。立派!



312: たう 2006/10/03(火) 11:37:09
>>308 ありがとうございます。
母の反応が結構ショックだったので、気にしていました。 
経済力が整い次第、すぐにでも籍を入れたいんですよね。
フリーの仕事なもので安定にはもう少しかかるんです。 



309: 離婚さんいらっしゃい 2006/10/03(火) 11:19:10
泣いた



310: 離婚さんいらっしゃい 2006/10/03(火) 11:26:57
ええ話や・・・。



312: たう 2006/10/03(火) 11:37:09
>>309 
>>310 
ありがとう。つたない文章でも少しは伝わったのかな。 



311: 離婚さんいらっしゃい 2006/10/03(火) 11:30:51
まさか、 

ネタじゃないよね? 



312: たう 2006/10/03(火) 11:37:09
>>311 
ネタじゃないですよ。
今打っているパソコンだって、彼女の住んでいる場所から打っていますし。



313: 離婚さんいらっしゃい 2006/10/03(火) 11:55:22
親の反対はきついよね。 
私は離婚したことで母親に責められ罵られ続けて 
とうとう子供にまで暴言や暴力を振るわれるようになって 
心身を病んでしまったことで今は実家とは絶縁状態。 

離婚して母子家庭になった私は、 
親の価値観にそぐわない人間なんだろうね。 
親は愛しているけど一緒にいるとお互いが不幸になるから 
親の世話は妹や弟夫婦にまかせて、 
私は子供と二人で生きて行く決心をした。 

色んな価値観・価値基準の親がいるけど、 
自分がそうであるように「親は子供の幸せを願うもの」だと信じて、 
自分を信じて強い意志を持って、自分の幸せは自分で手に入れて下さい。 
あなたのお母さんならいつかわかってくれそうだけどね。 
がんばって! 



319: たう 2006/10/03(火) 13:23:41
>>313 
僕も軽い気持ちで彼女と結婚しようと言ったわけではなく、この3年ちょいの間にどれほどの苦悩があったかわかりません。子供さえいなかったら、もっと気楽だったろうか?と考えたこともあります。

夜中に寝顔を見たり、寝相を直したりしたとき、おでこをなでながら、この世に生きて生まれてきた命なんだなあと考える夜を重ねることで今の気持ちに落ち着いた感じです。 
彼女にはそういうことはいいませんけどね^^;照れくさいし。 

彼女には「大丈夫。適当に言っているわけじゃないよ。良く考えて、じっくりと悩んで、その上で子供と○○と一緒に居たいと思っているんだ」と言ってあります。 

母にはこれから、根気良く説得していくしかないと思います。
僕は母のために結婚するわけでも、近所の体裁のためにするわけでもないですからね。というか、言われて初めて「え?体裁?」と思ったくらいです。 

親の反対ってびっくりするほど、ダメージあるものだと思います。
あなたの生活の中にもきっと誰かがやってきてくれると思いますよ^^ 大丈夫。
必ず誰かが見ていてくれるものですし。 

励ましありがとう。身内にはきつく言われているのに、見ず知らずの方の言葉がこんなに温かい 
なんて不思議なものですね^^ 



314: 離婚さんいらっしゃい 2006/10/03(火) 11:59:00
>>312 
連れ子さんは兄弟が欲しいと言っているけど 
色々と考慮してあげて、慎重になったり、あるいはあきらめたりという選択はある?



319: たう 2006/10/03(火) 13:23:41
>>314 
もちろん、彼女が子供たちに「妹か弟欲しい?」というまでにはいろいろとあったんです。 

「もう二人いるし、とても産めないよ」というのが最初のころの彼女でした。 
僕は彼女との間の子供も欲しいと思っていたので、いろいろと話し合う夜をすごしました。 
今いる子供たちと生まれてくる子供がケンカするんじゃないか?という心配もありました。 

もともとかなり子煩悩な彼女は「生まれてきたら、その子にかかりきりになっちゃうよ」と言い、僕は「じゃあ、生まれてくる子の世話は○○(彼女)に任せるから、僕は(今いる)子供たちを優先してみるよ。そうすれば、自分は要らないんだとかいう変な考えも起こさないよ」と話し、彼女は最近になって「産んでみたいな」と思うようになったんです。 

作るというよりは、あえて気合いれてひ妊するという形はとらず、できるのであれば産もうという風に話しています。どうやら、僕はもともとできにくいみたいですし、できたなら産んでほしいと思う。でも、できなければそれも良い。そう考えています。 



316: 離婚さんいらっしゃい 2006/10/03(火) 12:31:56
感動しました。 
私には×1子3の彼がいます。彼が離婚して数ヵ月。彼の子供に会うようになり一ヶ月弱。まだまだこれからの私達ですが、彼側とは少しずつですが進展しています。 
しかし私側になりますと、問題は山積みです。母親にいつか彼と一緒になるつもりだと軽く話しただけで猛反対されました。その日以来、彼の話はしてません。母とは恋愛の話をしたりしていたのに一切していないですし、溝が出来たかもしれません。父親に話そうものなら・・・。 
親の気持も勿論分かるんですが、彼との事を考えると・・気持ちが板挟みになり苦しくなったりもします。 



319: たう 2006/10/03(火) 13:23:41
>>316 
女性の場合は、僕以上に大変なのでしょうね。
時間が解決するとは思いますが、そこまで耐え切るだけの精神力が必要なのかもしれませんね。

僕も今回で初めて、親というものの影響力を知りました。
十分に大人の年齢になったのに、親の反対がこんなにも心にダメージを与えるとは・・・。 

それでも、僕は彼女と子供たちを愛しているし、彼女が必要です。
そして僕は僕のために結婚をして人生を共にしていきたいのであって、親のためにこれからを生きるわけじゃないと思っています。 

親への恩、親への孝。そういうものを意識しないでもないですが、譲れない一線だと思っています。 
答えが決まっているならば、心がどれだけ折れそうになろうと、水戸黄門の主題歌じゃないですが、歩んでいくしかないのですよね。 

あれ?なんか、答え自分で言っているような・・・。
そうか、そういうことなんだ・・・。



326: 離婚さんいらっしゃい 2006/10/04(水) 02:54:10
すごい立派な人だね。 
彼女もお子さん達も幸せになれる。 
子供の幸せを願わない親はいない。 
自身が幸せならば、時間かかるだろうけど、 
親もわかってくれる時がくる。 
幸せになってね。



327: 離婚さんいらっしゃい 2006/10/04(水) 12:35:36
たうさんと同じような人を最近みかけた。 
親戚だ・・。子供は3人だったが。 
不思議な気持ちがしていたが、こんな気持ちだったんだな。




【幸せ?】子連れ再婚した後の生活【不幸?】
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/x1/1105026119/