377: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/30(土) 15:55:39.69 ID:eKPAlxiH
1/2
明るく活発で、密かに心を寄せる男性がいた。

やっと接点ができて親しくなり、話をしてたら
男「俺、料理はプロだよ。特に俺の中華なんて最高!店で修行してたし」
私「そうなんですか?ぜひ食べてみたいです」の流れで、男性の家に行く事になった。
料理を作ってもらうので、材料は私持ちを申し出た。



出てきたのが、レトルト温めただけ。 
え?と驚く私に得意顔。

どんな店で修行していたのかを聞いたら、答えは「居酒屋」 
どんな居酒屋かと聞いたら「チェーン店でバイト」 
どんな料理を作っていたのか聞いたら「えびせんを揚げた事がある」 

更に「お前もさー、一応女なら料理とかできといた方が良いと思うよー」と誇らしげ。 

「レストランかと思いました。」とやっとの事で告げると 
「んーな訳ないじゃん!そんなんできないよw」と大笑い。 

作ったのは全てレトルトやミックスを使ったものだったので、
プロと言う言葉にひっかりながらも 
とりあえず、冗談かと思う事にした。



378: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/30(土) 15:56:24.30 ID:eKPAlxiH
2/2 

食べ始めたら、マナーも何もない、ほとんど早食いレース。 
両肘を真横に突っ張り、お茶碗に顔を突っ込んで口に目いっぱいかきこむ! 

頬をパンパンに膨らませて、口から食べ物が出ないよう顔を上に向けながら、メインの肉を箸で指差し「これ、俺が食うからさ、お前、こっち(敷いてあるレタスを箸でトントン)食いなよ」とくぐもり声で野菜だけを食べろとの指示。 

これが現実である事をやっと理解し、早く帰りたくて急ぎ気味に野菜を食べていると 
その最中ずっと「お前は常識がないから俺を通して世界を知れ!」「もっと普通になれ!」「だからお前はダメなんだ」と、顔を上に向けつつ、口から色んな物を飛ばして説教。 

途中で何度もゲップをし、汁物のお椀を親指に引っ掛けて酒のように飲み干し、おかずを取る時は真上からクレーンゲームのように迷い箸。 

体調が悪いと言ってすぐ帰ったけど、
帰り際、私が実家住みだと知ると急に優しくなり 

「今度家に来るときはさ、お前の親が作ったおかずとか?うん。タッパーに入れて、いっぱい持って来いよ。な? 

冷凍庫に入ってる、レンジでチンするだけのでも良いしさ、貰いもんのカニ缶とかでも良いしー、、地元で取れた野菜とか、、うん。 

余ってる素麺とか、ほら木箱に入ってる奴?あと、なんか高級な調味料とか、親が飲んでる酒とかさ もうビンに入ったまま持って来てくれちゃっても良いし!あっ、お前の手料理も食いてーな。今度、食材買って家に来いよ!」 と、照れながら笑顔で見送ってくれた。

確かこの時、告白もされたけど適当に返事をして逃げ帰った。 

その後、ショックのあまり電話に出られず、幸いな事に縁が切れた。 
自分の軽率さを反省しつつ、何事もなかった事に感謝。 
今思い出しても気持ち悪い。



380: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/30(土) 16:09:29.08 ID:K4QbfW4b
>>378 
すっごいワロタw



383: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/30(土) 16:36:00.44 ID:FaC0TiF3
こ、こんな男が存在しているなんて…



381: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/30(土) 16:10:21.98 ID:k5OTIFeu
浅ましいな。苦学生ならともかく、社会人ならありえん。 
漫画に出てくるような体育会系のイメージだな



385: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/30(土) 16:47:37.35 ID:eKPAlxiH
>>377>>378です。 

>>381 
男性は、当時社会人で30歳でした。 
一見、変な人には全く見えないけど、恐らく、元々こういう人だったと思う。 

突っ込んで良く良く話を聞いたら 
以前は訪問販売の詐欺をしてて、結構売り上げたと自慢してた。 
こちらが引いてるのも気付かず、クーリングオフをされない方法やら 
条例やら、嬉々として喋ってたので、普通の神経じゃないだろう。 

私も今、字に起こして初めて、こんなに酷かったんだと笑ってる。 
けど、最初は変な人に見えなかったからこそ 
下手したら私もこの人に騙されると気付いて逃げた。




百年の恋も冷めた瞬間!★148年目 
http://kohada.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1363709383/