124: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:avhmuPGB
社会人2年目で、ある地方の支店に行ったときのこと。

地元出身の職場の人の紹介で、料亭の跡継ぎ息子という人と知り合った。
快活で多趣味で元気な人だった。

会社勤めをしながら夏はサーフィン、冬はスキー、春夏はマラソン、その合間を縫ってジム通いそして登山(一部フェイク有り)と、とにかく活動的。

私も体を動かすのは嫌いではなかったので、一緒に海に行ったりするうちになんとなくいい感じになった。



あるとき彼が海外でサーフィンをするので、一緒に来ないかと誘われた。 
3泊くらいかと思ったら、なんと2週間。 
仕事もあるし無理!と断ると「仕事なんか辞めちゃいなよ」 
「それでうちの店手伝って、ゆくゆくは結婚しようよ」 

まだ正式につきあってもいないのにプロポーズとか、と1引き。 
彼の仕事はどうするのかと思ったら、実は彼は仕事などしておらず自分の店を手伝っているという体で親から10万単位のお小遣いをもらう生活をしていた。 

でもそれを言うと皆に引かれるので(当たり前だ)、周囲には親戚の会社で働いていることにしているそうだ。2引ひき。 

で、その店の手伝いも実はしたことがなければ包丁すら持ったことがなくお得意様がきたときに挨拶がてらビールを注ぐ程度。 

親にはいい歳をして(当時32歳)結婚もせず遊んでばかりと小言を言われるので私が嫁入りついでに店を手伝ってくれれば自分が働いていなくてもいいから助かる、という謎理論を熱く語られた。ドン引き。



125: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:avhmuPGB
ごめん続き。 

パニックになりながらも、私は長女だから地元で結婚してくれと親に言われているとかなんとか言って、適当に切り抜けた。(必死すぎて覚えてないw) 

その後趣味の集まりからもフェードアウトすると、彼は他の子にターゲットをうつしたらしく連絡もなくなった。 

あとで他の人に聞くと、それは彼の必殺口説き文句らしく… 
実際に仕事を辞めて、彼の店の手伝いに行った女性もいるらしい。 
が、彼母(女将さん)がキッツい人で、いびられて1週間もたずに逃げ出したとか。 
私はいびりに耐えられるように見えたのだろうか。飲食じゃないけど接客業だったし。 

私は1年きっかりで別の支店に異動になったからその後のことはわからないが彼が心を入れ替えてなければあの料亭、たぶん彼の代で潰れると思った。 
当時の食べログのようなサイトでも、凄い名店として扱われていたのでちょっと残念。



143: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:9fIkLawP
>>125仕事辞めてまで飛び込んだ店を一週間で飛び出すとか 
どんだけすごいイビリなんだろう…と気になる




百年の恋も冷めた瞬間!★152年目
http://kohada.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1372829603/